アプリとは何?今知っておくべき基本の「き」

アプリとは何?今知っておくべき基本の「き」

スマホが登場してから「アプリ」という言葉をよく聞くようになりました。「あのアプリは便利だよ」とか「このアプリおすすめ!」など、よく耳にしますね。

ふと「アプリとは何のこと?」と疑問に思ったことはありませんか?

今さら人には聞きにくいという方のために、アプリの種類からアプリとWEBサイトの違い、アプリの使い方まで基本の「き」をわかりやすくご紹介します。

この記事でわかること
  • アプリとOSの違い
  • アプリの種類
  • アプリだからできること
  • アプリの使い方

そもそもアプリとは何ですか?

そもそもアプリとは何?

アプリとは何でしょう?「ガラケーを使っていたときは聞かなかった」という方がほとんどではないでしょうか。

ここではアプリの他にOSについても触れ、アプリとOSの関係や違いを解説します。

アプリとは何の略?

アプリとはapplication software(アプリケーションソフトウェア)の略で、目的にあった作業をする応用ソフトウェアのことです。

スマホならゲームやLINE、動画再生、パソコンなら表計算やワープロなど、OSの上にインストールして使うソフトウェアのことをいいます。

スマホが普及した理由の一つとして、「自分に合ったアプリが追加できるから」とも言われていますね。

OSとは?アプリケーションとOSの違い

OSとはoperating system(オペレーティングシステム)の略称で、私たちが使うすべてのコンピュータ(パソコン、スマホなど)を制御するのに必要なソフトウェアのことです。(別名:基本ソフトウェア)

パソコンではWindows、Mac OS、スマホではiOS、Androidが一般的です。パソコンやスマホ、買ってすぐ使えますよね。

それは、すでにOSがインストールされているからです。もしも、OSが入っていなければパソコンもスマホ使うことのできない、ただの箱と同じです。

OSとは?

アプリケーションとOSの違い

OS(基本ソフトウェア)

  • 入力した文字を画面に表示
  • ファイルの保存、読み込み
  • 印刷を実行

アプリケーション(応用ソフトウェア)

  • 文書を作成する
  • 表やグラフを作成する
  • 写真を加工する

OSはパソコンやスマホを動かすソフトアプリケーションは写真加工など目的に合った作業を行うためのソフトということです。

APPとアプリとは何が違うの?

APPの読み方は「アップ」Application softwareの頭文字です。APPとアプリは同じものですが、基本的にiOS(iPhone)のアプリのことをいいます。

アプリの種類とは何がある?

アプリの種類

アプリは主に【ネイティブアプリ】と【ウェブアプリ】の2種類があります。

ネイティブアプリの特徴

ネイティブアプリとはGoogle PlayやApp Storeなどのアプリストアから、端末にインストールして使うアプリケーションのことです。

長所
  • アプリを直接端末にインストールするので、オフラインで使える
    ※オフラインで使えないものもあります
  • ネット回線の影響を受けないので、「動きが遅い…」と感じることがない
短所
  • 最初はインストールする手間がかかる
  • 容量を気にしないといけない

WEBアプリの特徴

WEBアプリとはブラウザ上で動くアプリケーションのことです。

長所
  • 端末にインストールしないので、容量を節約できる
短所
  • オフラインで使えない
  • ネット回線の影響を受ける

アプリとは?WEBサイトとの違いは何?

アプリとは?WEBサイトとの違いは?

アプリとは「パソコンやスマホにインストールして使うもの」ということがわかりました。

しかし「WEBサイトって何?アプリと何が違うの?」と聞かれると、よくわからないという方も多いのではないでしょうか。ここではWEBサイトとアプリの違いを見ていきましょう。

WEBサイトとは?

WEBサイトとは、GoogleやYahoo!などでキーワード検索して、ブラウザで見ることができる情報サイトです。

WEBサイトの内容はSNS(FacebookやTwitter)などを通じて拡散されやすいので、新規顧客の獲得が見込めることが大きな特徴です。

アプリとWEBサイト、どう違う?

アプリとWEBサイトはどんな違いがあるのでしょうか?

インストール

OSとの違いでも触れていますが、アプリは自分でインストールして使うソフトウェアです。

スマホにインストールする場合、容量を気にしないといけません。WEBサイトはブラウザ上で閲覧可能なので、容量を気にしないで情報を得られます。

通信速度

アプリは直接端末にインストールしてしまえば、ネット回線の影響を受けないので「遅い…」と感じることが少ないです。

反対にWEBサイトは、ページの移動をするたびにサーバとデータをやりとりしています。そのためネット回線の影響を受けやすいといえます。

通知機能

アプリにはあるけれどWEBサイトにはないものは通知機能です。お店からのお知らせや、最新ニュースなど、アプリごとに通知してくれます。不要だと思えばOFFにもできるので、欲しい情報だけを入手することができます。

WEBサイトではその通知機能がありません。ブラウザを起動し検索窓にお店の名前を入力して(またはブックマーク)からページ移動をします。そこから欲しい情報が載っているページを探して入手する必要があります。

より新鮮な情報を届けたり、受け取ったりすることがアプリでは簡単にできる!!ということがわかりますね。

見た目

アプリをインストールするとアイコンが表示され、そのアイコンからお店を連想することができます。いつも行く美容室やネイルサロン、気になっているレストランのアプリを入れて、私だけのスマホにすることも!

ただアプリを入れすぎてアイコンの整理が大変!!ということにならないよう、気をつけてくださいね。

自分のお店でもアプリを作ろうかな?と考えている方は「アイコンのデザイン」にも気を付けて作成してください。アプリアイコンのデザイン次第で、ダウンロード数が変わったり、使用頻度が高まったりします!!

アプリアイコンのデザインについて詳しく知りたい方はこちらの記事がオススメです。

アプリの顔!良い「アイコン」デザインが、ダウンロード数UPのカギ!アプリの顔!良い「アイコン」デザインが、ダウンロード数UPのカギ!

アプリとWEBサイトの違いをまとめると・・・

アプリWEBサイト
インストール必要不要(ブラウザ上で閲覧)
通信速度インストール後はネット回線に左右されないネット回線や端末に左右される
通知機能ありなし
見た目(ホーム画面)アイコン表示ありアイコン表示なし

アプリは、自分の目的にあったものをインストールして使う。

WEBサイトは、ブラウザを起動して今知りたいことを検索窓に入力。検索結果から解決してくれそうなページを選んでアクセスする。

アプリとWEBサイトの違いは使い方ということですね。

アプリだから「できること」とは何?

アプリだから「できること」

ここでは、アプリだから「できること」とは何かをご紹介します。

アプリの場所

アプリをインストールすると、スマホのホーム画面にアイコンが表示されます。

そのアイコンをポチッとするだけで、ゲームしたり、写真撮ったり、電話をかけたりと目的の作業ができます。

アプリをタッチ

例えば、よく行くお店の最新情報を知りたい!

アプリをインストールしておけば、お店からのプッシュ通知でお知らせが届き、アイコンをタップするだけでページが表示されて最新の情報を入手できます。

プッシュ通知

アプリをインストールすると、最新ニュースやお店のチラシ、クーポンなどの情報が届きます。

アプリを起動していなくても最新情報が受け取れるなどのメリットがあります。その反面通知が多すぎる!というデメリットもあります。

プッシュ通知のON・OFFを上手に使って、情報を入手しましょう。

バッジ

メールなどで、未読の件数がアイコンの右上に表示される数字のことです。バッジがついているアプリは通知を確認すると消えます。

アプリのバッジ

新しい情報が届いているかどうか、アプリを開かなくても確認することができます!バッジがあることでアプリを利用する頻度を上げることができます。

アプリの使い方とは?

アプリの使い方

初めてスマホを持ちました!という方は、「欲しいアプリがあるけれど、どうしたら自分のスマホに入れられるのかな?」と迷いますよね。

ここでは、アプリを利用する際に気を付けるべきことから、アプリの入手方法までご紹介します。

アプリをインストールする前に気を付けておきたいこと

「今からこのアプリ、インストールしよう」という前に、それは安全なアプリなのか確認をした方がいいでしょう。

安全ではないアプリ=危険なアプリとは、スマホに入っている情報や画像が不正に送られてしまうアプリ、スマホ本体に影響を与えてしまうアプリのことです。

イヤな思いをする前に、利用した人の感想(レビュー)やアプリの説明を読んだり、公式のWEBサイトがあればそちらも見るなどの確認をすることが大切です。

公式アプリストアから入手

iPhoneは『App Store』、Androidは『Google Play』が公式アプリストアです。公式アプリストアへいくと、様々なアプリが一覧になっています。

欲しいアプリ、気になるアプリを見つけたらまずインストール!インストールが完了したらホーム画面にアイコンが追加されるので、それをアイコンポチッとしてアプリを起動させます。

有料アプリと無料アプリ

ほとんどのアプリは無料です!有料アプリはお金を一度だけ支払うものから、毎月支払うものまであります。

また無料アプリでも、一部有料のアプリもあります。例えばゲームのアプリがそうですね。

無料で遊べるゲームアプリも、もっと楽しく遊ぶためにアイテムを購入することができるシステムになっている場合が多いです。

他にも、有料で広告を非表示にするというアプリもあります。必ず確認をして利用しましょう。

アプリを使っていて不具合がおきたときは 

普段通り使っていたのに、起動できないなどの問題が発生したときは、スマホを再起動してみてください。一度リセットさせると、起動できるかもしれません。

アプリを導入している会社とは

アプリを導入している会社

コマーシャルでもよく聞く大手企業と呼ばれる会社から地元の美容室やカフェなど、様々な会社がアプリを導入しています。

美容室・ヘアサロン

美容室・ヘアサロンのアプリは、メンバーズカードやスタンプカード、次回の予約だけではありません。

スタッフの紹介やヘアケア商品の紹介など、お店のこだわりも発信されています。

レストラン

レストランのアプリでは、来店予約ができたりクーポンの他におすすめメニューなどを紹介しています。

プッシュ通知を使って、空席状況や新メニューなどを発信。アプリをコミュニケーションツールの一つとして活用されています。

ほかにも・・・

「活動内容を知っていただきたい!」という思いで、会社の公式アプリではなく個人でアプリを導入している方もいらっしゃいます。

アプリとは?

アプリからOS、WEBサイトについてご紹介しました。いかがでしたか。

「スマホにしたけど、自分でアプリをインストールしたことがない」なんて、もったいないです!

ほとんどのアプリは無料で入手できます。自分にピッタリのアプリを探して、「私だけのスマホ作り」を楽しんでください。

アプリのことを知って、「自分のお店でもアプリを導入したい」というときは、ぜひ「アプリコLabo」にご相談ください。